ENTRY
COMMENT
CATEGORY
ARCHIVE
BOOKMARK
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND
MY SCHEDULE

【ARASHI】
なし
【ANTLERS】
なし
BLOG LIST

A ism ver.ARASHI ●●

I am proud of ARASHI!

ver.ANTLERS→http://deer-desafio.jugem.jp/

Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - ●●
Tuesday
諦めたら、そこで終わりですよ
ここ数ヶ月、正直モチベーションや気持ちを上手くコントロールできず。
これはもう、自己啓発の本を読んで自称超ネガティブ思考から脱却した青木選手を見習わなければ!と思い、意識改革をするべく手に取った本がこれ。


スラムダンク勝利学
スラムダンク勝利学
辻 秀一


スポーツドクターの辻秀一さんが、マンガ「スラムダンク」をもとに勝利するための考え方などをまとめた一冊。
一見スポーツ心理学の本かなと思いますが、スポーツだけではなく普段の生活にも活かせる内容です。特にビジネスや受験など持ってこいかと。
何かに向かって頑張ってる人頑張ろうとしている人、壁にぶち当たってる人それを乗り越えようとしている人にとって、良いヒントになる要素がたくさん詰まってます。


例えば、結果に一喜一憂するのではなく、その過程の変化を感じ取る重要性とか。
今するべきことに意識すること、
「ベストを尽くすこと」と「全力を尽くすこと」の違いとか。
不安の根源とその解消の仕方、自信の捉え方などなど。
読みやすい章にまとめられていて、とても分かりやすいです。


私自身もこの本を読んで、ああなるほどなって思うことがたくさんありましたし、
物事の捉え方、考え方も取り入れやすいので、珍しく何度も読み返した本です。
上手く物事が進んでない人にはお勧めの一冊。
そんなわけで田代さんにも(´・ω・)つスラムダンク勝利学
…って大きなお世話ですねはい。


というか、スラムダンクってすごいな深いな。

BOOK/MAGAZINE | 16:27 | comments(0) | - ●●
Saturday
はずれた3年前の予想
今月のD誌にて3年前の話がやっと繋がりましたよ。


2005年のとき、雑誌で相葉さんが日本代表のサッカー選手とお友達どうこう言ってたのは、そうかそうか三浦アツだったのか。知り合った経緯もああなるほどと納得。
ちなみに当時ここの人の予想は、千葉つながりでジェフかレイソル→2005年日本代表→玉田圭司に行きつきました。千葉出身だし歳も近いし顔もほんのりマッチさん似だし(←それはどうでもいい)、タマっぽくね?と勝手ながら思ってました。ほんと勝手もいいところだ。



で、嵐IZMの企画でこの試合を観に行ったと。
三ツ沢、小学生のときマリノス戦で行った以来行ってないなあ。横浜FCが昇格して、久しぶりの三ツ沢きたこれ!と待ち望んでたら日産スタだったりw
というか相葉さんが横浜FCユニ着てる姿は、相葉ヲタ兼鹿島サポの人にはちと複雑な気もする。でも、うちのしましまユニが相葉さんに似合うかというと似合わないから、まあいいか( ´∀`)



テキスト読んでも写真見ても、相葉さんはサッカー観戦満喫したようで。席もメイン側だし観るには絶好だったろうに。
当の本人はゴル裏行きたそうでしたけどね。確かに相葉さんはゴル裏のノリ好きそうだもんなあwただ、今どこのサポも顔にペイントしている人はいないと思われ。顔にペイントって古すぎるよ(ノ∀`)



何より、90分フル出場した後にこうやって取材にきちんと応じてくれるあたりがさすがだなと思う。
応援しているチームは違えど、個人的にはすごく好感の持てる選手です。何かと苦労してきた選手だから、やはりその分持ってるものがありますよね。
ドイツW杯でのあのこともかばってくれたもんなあ、ヤナギのこと。
(※ちなみに、『敗因と』(著)金子達仁他に書かれています)



相葉さんはまた一人良い人と出会いましたね。

BOOK/MAGAZINE | 20:36 | comments(0) | - ●●
Monday
好きな本入り確定
やっぱり手出さずにはいられなかった原作。


鹿男あをによし
鹿男あをによし
万城目 学


まだドラマも始まったばかりなので、内容等は割愛しますが。
面白かった!
もちろん、鹿絡みどうこう関係なく楽しめましたよ。
でも、こんなに鹿をフィーチャーしてくれて、
鹿島神宮まで織り込んでくれた作者の万城目さんにはなんだか感謝の気持ちです。


そして、この本を読むと鹿島サポーターなら必ず鹿島神宮に行きたくなると思う。


BOOK/MAGAZINE | 00:01 | comments(0) | - ●●
Saturday
ちょっと背伸びしてみる
かれこれnon・noは高3のころから好きで愛読してたため、
きっと自分の中でマンネリ化しちゃったんでしょうな。
ちょいと前から手に取ってもいまひとつしっくりこない…という事態に。


きれいなもの、可愛いものを見てると落ち着くことから、
私にとって、ファッション誌を見ることは一番手軽なストレス解消。
そのため、このしっくりこない感は結構困る(´・ω・`)


これは違う雑誌を探さねばと立ち読みを繰り返し、
ええい!もうこの際ちょっと背伸びしてしまえ!とMORE、withあたりに移行しました。
まあ、20代のOLさんが対象なので全部が全部参考になるわけではありませんが、着こなしとか色使いとかこっちのほうが落ち着きますね。


ただ特集で結婚の話題が組まれるあたり、やはり年齢の違いを感じずにはいられない(;´∀`)
結婚といえば、イノッチおめでとう!
お幸せに。

BOOK/MAGAZINE | 02:23 | comments(0) | - ●●
Wednesday
こういうのも2年ぶり
出遅れ気味ですが雑誌のことでも。
Top StageとかLOOK at STAR買うのも実に2年ぶり。
それにしても演劇雑誌は高いな(;´Д`)


この2誌を読んで思ったのは、今回の舞台も相葉さんにとって新境地になるんだろうなって。
ストーリーにしろ、役柄にしても。
相葉さんのフィールドがまた広がると思うと、いちファンとしてやっぱり嬉しい気持ちです。


一番気になったのは、宮田さんとの会話の話。
「今度また舞台をやるとしたら、どんな内容の話がいい?」
これ何て答えたんだろ?そこが気になる。
なんかラブストーリーと答えるイメージがないんだよ相葉さん。
それこそアクションとか(;´∀`)
何でもない世間話も宮田さんにとってはリサーチだったんだろうなあ。


雑誌読んでたら、2年前のも見たくなって引っ張り出した。
役を1つ1つ作り上げようとする姿勢は変わらないけど、
あの頃よりも頼もしさを増した相葉さん。
どんな舞台になるんでしょうかね。



それにしても、ページめくってて知った河原さんと相島さん出演の舞台がとっても気になってしょうがない。

BOOK/MAGAZINE | 23:10 | comments(0) | - ●●
THANKS!!!