ENTRY
COMMENT
CATEGORY
ARCHIVE
BOOKMARK
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND
MY SCHEDULE

【ARASHI】
なし
【ANTLERS】
なし
BLOG LIST

A ism ver.ARASHI ●●

I am proud of ARASHI!

ver.ANTLERS→http://deer-desafio.jugem.jp/

Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - ●●
Sunday
人生の1年をどうやって計る?
卒論の都合上、今年は人生で一番映画を見ている年なのですが。
そこで作品との良い出会いってのがあるんですよね。
例えば最近見たこの映画はまさにそれでした。


レント デラックス・コレクターズ・エディション
レント デラックス・コレクターズ・エディション


ブロードウェイミュージカル「RENT」の映画版。
1989年のNYが舞台であり、夢や愛、またHIV、ドラック、同性愛、貧困など社会の影の部分がテーマとなっている作品。
そういった問題を抱えながら生きていく若者たちの様子が描かれています。


日本ではあまり扱われない問題を扱っているということだけでも、やはり考えさせられました。
彼らの抱えてる問題は確かに重い。
でも、それに悩んだり苦しみながらも、前を向いて自分に素直に自分らしく生きていこうとする若者たちの姿には、心にぐっとくるものがありました。
ただ単に重いということは全く無く、見てるこちらも前を向いていこうと思える作品です。


映画のオープニングに「Seasons of Love」という曲があり、その歌詞がまた良くて。
Five Hundred Twenty-Five Thousand Six Hundred Minutes
(52万5600分 ※1年を分で換算した数)
How Do You Measure A Year In The Life
(人生の1年をどうやって計る?)
のところとかね、思わず考えさせられます。
彼らは「How About Love ?」愛ではどうだろうかと、愛で計るわけですが。
さて、自分だったら何で1年を計るかな。
考えてみても、なかなか難しいですね。
この歌詞といい、ストーリーといい、今この流れていく時間を大切に生きていきたいなとつくづく思いました。


「Seasons of Love」に限らず、音楽もほんと素晴らしいです。
どれも良くてサントラが欲しいくらい。
音楽も充分に楽しめる作品です。


論文に使うかは迷いどころですが、使う使わないは別として、こうやって素敵な作品に巡り会えるのは嬉しいものです。

MOVIE | 23:57 | comments(0) | - ●●
Sunday
特別な映画
今ここの人は、モラトリアムに関する卒論の研究をしてますが。
実は昨年ゼミで、『黄色い涙』を題材にしてモラトリアムについてまとめたんです。発表してレポートもちゃんとまとめてね。


黄色い涙 【通常版】
黄色い涙 【通常版】


この映画を見たとき、私が扱いたいテーマがぎゅっと詰まってて、
いい題材が見つかった!とグローブ座を後にした記憶があります(何かおかしい
それで、ゼミで卒論のことを念頭に置いてこれを題材にしました。


4人が創作活動に励むあのひと夏は、ある種のモラトリアムであって。
夏の終わりとともに夢と折り合いをつけて、就職して。
漫画を描き続ける栄介もまた、それは大人としての自己選択であって。
もうまさに使いたい要素満載だったわけです。


発表のとき、ちょこっと映画も見て貰って、ゼミ内でディスカッションもしました。
それで、〔瓦鯆匹ぢ海韻覬媛陝↓¬瓦鯆めた章一、竜三、圭、集団就職という時代に沿った働き方をする祐二の3つの選択肢をあげて、どれに一番共感するか質問したんだけども。ほとんど章一、竜三、圭でしたね。理想は栄介でありたいけども…って。
ちなみに私もダメダメ3人組に共感する一人なのですが。あの不器用なかんじとか、夢があっても中途半端なとことか、ああ分かる分かる!ってなんか共感しちゃうんだよなあ。


ひとつ予想外?だったことは、ゼミの先生が『黄色い涙』をすごく気に入ってくれたことだったり。夢の成功ものじゃなくて、挫折が描かれてるところが良いそうだ。
なるほど、分かります。



そんなわけで、『黄色い涙』はすごく好きな作品の1つです。
なんだか久しぶりに観たくなったかも。


MOVIE | 23:46 | comments(0) | - ●●
Monday
さあ考えてみよう
潤くん主演映画決定おめでとう。
黒澤監督作品のリメイクか、すごいなあ!



そうそう映画といえば、この前ゼミの時間にこれを観ました。


それでもボクはやってない スタンダード・エディション
それでもボクはやってない スタンダード・エディション



痴漢冤罪を題材に日本の裁判をテーマとした作品。


加瀬くん演じる主人公側の視点から描かれているから、やはりそちらに感情移入してしまうのですが。
これが日本の法制度の現実なのかな、何かおかしいよなと考えさせられる映画でした。
日本でも裁判員制度が始まりますし、このような映画を観て一度考えてみるといいかもしれません。
ぜひ多くの方に観てもらいたい作品です。


それにしても加瀬くんの演技、いいなあ。

MOVIE | 22:53 | comments(0) | - ●●
Friday
黄色い涙
今日、「黄色い涙」観てきました。


パンフレットや写真集、サントラで黄色い涙の世界に
もうちょっと浸ってから、感想を書きたいと思います。


こんな私でも色々考えるんですよ(´・ω・`)
やりたいこと、夢、将来―そして現実。
今このタイミングでこの作品に触れることができて、
よかったなって思う。


今日初めて観たこの「黄色い涙」
だいすきな作品になりそうです。

MOVIE | 23:35 | comments(0) | - ●●
Thursday
双子の兄と妹
本屋でananを立ち読みすることよりも、
映画館のチケ売り場にて「僕は妹に恋をする」と言うほうが、
ずっと恥ずかしかった人です。
…こんなファンで、ご、ごめんな(;´Д`)


『僕は妹に恋をする』を観てから1週間経ってしまったのですが。
以下、感想です(※ネタバレ含みます)
続きを読む >>
MOVIE | 23:20 | comments(0) | - ●●
THANKS!!!